あなたの恋愛を今まで以上に輝かせるメディア

menu

Peace of mind

デートを断る心理には相手のどんな思いがある?

デートを断る心理には相手のどんな思いがある?

デートを断る心理には、脈なしかもしれないと思わせるものがありますよね。でもそれだけとは、限らないのです。

今回はデートを断る心理で分かる相手の思いについて、お伝えしていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

面倒だと感じている

デートを断る心理には相手のどんな思いがある?

相手に対して好きでも嫌いでもないと思う時には、デート自体を面倒だと思う気持ちがあるのです。このため、デートを断る心理になるのでしょう。

 

普段から忙しくしている

普段から仕事や趣味で忙しいので、デートをしている時間が取れない人もいます。こういう人から見ると、デートに誘われても面倒だと感じるのでしょう。

忙しい日々の中、デートのスケジュールを入れる余裕がないのです。そして忙しいのに、無理をしてまでデートをしたいと思わないのでしょう。

忙しい状態ではないのなら、デートの誘いにOKをしてくれる可能性もあるのです。

 

人とのやり取りが苦手

元々人とのやり取りが苦手で、特定の友人としか過ごさない人もいます。こういった中でデートとなると、とても面倒な気持ちになるのでしょう。

何を話せばよいのか、どのような態度を取る必要があるのかなど、色々と考え過ぎてしまうのです。

軽い気持ちでデートができないのは、人とのやり取りを避けたい思いがあるから。まずは親しくなれるように、話しかけてみましょう。話しかけるタイミングは、相手が余裕のある状態の時がベストです。

 

デートが好きではない

元々デート自体が好きではない人もいます。どんなに好きな異性とでも、デートというよりは自然に出掛けたい思いがあるのでしょう。

デートと決めてしまうと、プレッシャーになってしまう人もいるのです。デートをときめくものだと思う人もいれば、ただ出掛けるだけのものと割り切れる人もいるでしょう。

人によって、デートに対しての考え方は様々です。その中でもデートが好きではないとしたら、断る心理になりやすいのも頷けるでしょう。

デートという形ではなく、たまたま帰り道が同じだったので食事を一緒にする流れになるような、自然な関係を望んでいる人もいるのです。

 

相手にあまり興味がない

デートを断る心理には相手のどんな思いがある?

興味があり好意を持っている相手からのデートの誘いなら、OKをしたいと思うもの。でもまだ相手のことがあまり分からず、興味が持てないとなるとデートを断る心理になるケースもあるでしょう。

 

誤解させたくない

軽い気持ちでデートをしてもよいと思う気持ちがあっても、これによって誤解をさせてしまうのを避けたいと思う人もいます。

真面目なタイプの人なら、このように考えるのでデートを断ろうと考えるでしょう。とりあえず…という気持ちでデートをすることができないのです。

もしここでOKをしてしまうと、相手のことが好きだと思われてしまう。こうなると誤解をさせて、余計に傷つけるリスクがあるでしょう。そうなりたくないので、デートを断るのです。

 

恋愛をする気持ちになれない

誰かに失恋をして日があまり経っていない時、恋愛以上に大切なものがある時などは、恋愛をする気持ちになれないものです。

このため、デートに誘われても断ってしまうでしょう。嫌いなタイプというわけではないのですが、デートをしたいと思えないので断る気持ちに。

恋愛をしてみたいと思う気持ちになったのなら、あまり興味がない相手だとしても、とりあえずはデートをしてみようと思う人もいるでしょう。

人にはタイミングがあるので、一度断られたとしても少し時間を置いてから誘うとOKをしてくれる可能性もあるのです。すぐに諦めずに、様子をみるのもひとつの方法でしょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

照れている

デートを断る心理には相手のどんな思いがある?

照れてしまう人は、デートに誘われても断ってしまう場合があります。本当は好きな相手なので、デートに誘われて嬉しいのですがこの気持ちを知られたくないのでしょう。

 

あまのじゃくな性格

本当は嬉しくても、それを素直に出せないのはあまのじゃくの性格の可能性があります。もし相手に対して、このように感じたのなら「それなら仕方がないですね」とすぐに引き下がってみましょう。

すると相手は焦りを感じて「やっぱり行ってみようかな」と、言ってくることもあるのです。あまのじゃくかどうかは、相手とのやり取りの中で気づく場合もあるでしょう。

 

照れていることを指摘しない

相手が照れているだけと分かっても、指摘をしないようにしましょう。それよりもデートを断られて、悲しいと伝えることが大切です。

そうすると相手は悲しませたくない気持ちになり、デートをOKしてくれる可能性が高くなるでしょう。

 

まとめ

デートを断る心理には、脈ありのケースもあるのです。すぐに諦めずに相手の様子を見て、穏やかな対応を心がけてみましょう。

穏やかに接してみると、相手が本音を伝えてくれるケースも。感情的になってしまうと、相手は引いてしまうものです。

今回断られてもこの恋愛を諦める必要はなく、また今度誘ってみようとポジティブな気持ちになるのがとても必要でしょう。

やり取りを増やして相手と親しくなってからデートに誘うようにすれば、OKをしてくれる確率はとても高くなるはずです。

 

関連記事

【PR】理想のお相手を”無料”で診断

【PR】Destiny~デスティニー

サイト案内

・姉妹サイトもぜひご覧ください♪  Light of future

・ご用件は「問い合わせフォーム」より受け付けております。
スポンサーリンク